ツイッターを楽しめなかった私が楽しく使えるようになった訳【初心者向け】

ツイッターをやっていても楽しくない、楽しみ方がわからない。あなたはどうですか?私はつい最近までツイッターの楽しみ方が全然わかっていませんでした。そんな私がツイッターを楽しめるようになった理由というか方法的な話を今回はしたいと思います。

  

リプライやリツイートをしない
→リプライリツイートをしよう

過去の私がまさにこれで、リプライやリツイートを全くしないでツイッターを使っていました。まぁそうすると結果としてツイッター上で誰ともコミュニケーションをとることがないので、ツイッターが見る専用として位置づけになりました。

見る専用でも楽しいといえば楽しいし、自分にとっての有益な情報を得ることもできます。ただ、リプライやリツイートを使って他の方とコミュニケーションを取り始めた今になって思い返すと、見る専用でツイッターを使っていた時間というのも勿体無いことしてたなと思います。

やっぱり自分の思ってることとかを他の誰かと喋れるのって楽しいんですよね。私の場合、今だと働き方についてや子育ての話題、ブログの話とかをツイッター上で喋るのが楽しいです。

特に働き方やブログの話題ってサラリーマンをやっていると会社でし辛いじゃないですか。

「終身雇用はもう崩壊してる、自分のキャリアは自分で考えなきゃいけない」とか、「自分の将来のキャリア形成のために残業時間減らして家でブログ書きたい」
とか絶対会社じゃ言えないですからね。

言えないし、会社の現行制度があらゆる側面で昭和の価値観そのものなので、新しい働き方だったり価値観を受け入れない体制ができあがっており、そこで自由な発言は許されません。

なんか、話がそれて半分会社の愚痴みたいになってしまいましたが、ツイッター上だとそういった話もできるからとても楽しいという話です。

ツイッター上にはサラリーマンからフリーランスの人、フリーターの人、ニートの人から多様な価値観の人がいるので色々な話を聞くことができて楽しいです。

そういう色々な人とリプライやリツイートを使ってつながる。これがツイッターの楽しさの一番のところだと思います。

 

ブログやオウンドメディアの更新通知しかしていない
→それ以外のコミュニケーションをとろう

これはブログやオウンドメディアを運営されている方に限る話になりますが、その更新通知しか流さなかったらそりゃ面白くないですよね。過去の自分もそうだったのでよくわかるのですが。

ツイッターの面白さの本質はやはり人間関係のコミュニケーションにあるはずなので、ブログの更新通知しか流さないとういうのは一方通行すぎるし、やっていて楽しくありません。

またツイッターを自分でしっかりと使い始めてからわかったのですが、ブログの更新通知しか流さない人のアカウントってフォローする気が全く起きないんですよね。

やっぱりコミュニケーションがとれる相手だったり、自分にとって有益だったり面白いと思える情報を流してくれる人をフォローしたいというのが人情だと最近になってやっとわかりました。

更新通知を流すだけでなく他の方と積極的にコミュニケーションをとることでフォローしてもらえる可能性も出てきますし、あなたのブログやメディアに訪れてくれる可能性もでてきます。この点は自分の身になって考えると一番わかるのではないでしょうか。

 

おわりに

ツイッターはやはりコミュニケーションをとった方が何倍も楽しく使えるので、もしあなたがまだあまり楽しめていないなという場合には自分から積極的にリプライやリツイートを使ってコミュニケーションをとってみてください。きっとツイッターが楽しくなってくるはずですよ。