無駄なネットサーフィンやめたら生活が捗った件

今回は無駄なネットサーフィンをやめたら生活が色々と捗るよというお話。

 

私がだらだらとネットサーフィンするのをやめた大元の理由

子供が二人になって自分が時短勤務をするようになる前までは、家にいる時の隙間時間に2ちゃんねるのまとめサイト等々を閲覧してだらだらと過ごすことが多かったです。

ですが、子供二人の育児、家事、仕事と日々押し寄せてくるTO DO 達を処理し始めたところ以前と比べ圧倒的に自分の時間を取り辛くなりました。

そんな状況になって、自分の本当にしたいことをする時間を確保するためには何をどうしたらよいかという話に私の中でなり、まずだらだらとインターネットをサーフィンすることを捨てることとしました。

 

だらだらとインターネットをすること

だらだらとネットサーフィンするのは脳みそを思考停止にすることができるので仕事で疲れた時などは10,20分位の時間行うことは良い事と今でも考えています。

ただし大体の場合、ネットサーフィンの時間はそれだけで収まるはずもなく気づいたら1時間、2時間になっているのです。

疲れている時は自制心も効かせ辛いため、より時間が長くなりがちです。しかもここに更にデメリットがあって、ネットサーフィンて疲れていても多少眠くてもできるんですよね。そのため夜遅くから行った場合、大概寝る時間が削られます。

また、寝る前にPCやタブレット、スマートフォンの光を浴び続けることになるので入眠し辛くなります。その結果どうなるかと言えば、翌日睡眠不足になって仕事等の集中力が落ちるという結果に。

 

無駄なネットサーフィンをやめた結果どうなったか

1. まず、だらだらと夜起きていることが無くなりました。その結果無駄な睡眠不足に陥ることが無くなったので、日中の活動が捗る様になりました。

2. 次に、あぁまた無駄な時間を過ごしてしまった、その上寝不足になってしまった。という自己嫌悪に陥ることがなくなりました。結果としてポジティブでいられることが多くなりました。

3. ネットサーフィンをしていた時間を読書やこのブログを書く時間にあてることができるようになりました。

 

おわりに 

結論として、自分の心の底から楽しめているネットサーフィンはやるべきだけど、なんとなく惰性でだらだらしてる無駄なネットサーフィンは極力減らした方がいいよねという話でした。それでも時間が有り余っている人なら別に気にしなくていいですけどね。