家事嫌いだった私が家事を楽しめるに至ったいくつかの方法を紹介する

家事歴約10年(学生時代からカウント)の男性、名前はジタンと申します。元々家事嫌いだった私が、家事を楽しめるように工夫した考え方や方法を今回は紹介します。家事が嫌いな人、特に男性が多いかな?にオススメの内容となっております。

 

家事をゲームのひとつに置き換える

ゲーム感覚でスピードの追求、タイムアタック的なことをするとめちゃくちゃ面倒だと思っていた料理の下ごしらえ(野菜を切る、特に大根等のでかい野菜)も楽しくなります。
私も最近までこのゲーム的意識がなかったために家事の中でも料理が面倒臭いこと個人的ランキングのトップにあったのですが、スピードの追求を意識し始めてから急に楽しくなりました。マリオカートのタイムアタックみたいな感じです。

また何回かやっているうちに素早く切るためのコツなんかも少しずつ掴めるようになってきており、上達が自分でも実感できるようになると尚更楽しくなってきます。

洗濯物を畳んでしまう、なんていう家事も漫然とやるとただの作業に成り下がってしまいますが、ゲーム感覚で、今日は何分でできるかとスピード感を持ってやるとその作業のつまらなさが一気に減ります。
このゲーム感覚っていうのはテレビゲームをやっている人もしくは昔やっていた、っていう人にはよくわかって頂けるかなと思うんですよね。

 

TV等見ながら家事をする

逆に家事のつまらなさを完全に享受して、TVやユーチューブの動画などを見ながら行うなんていうのも一つの手です。例えば洗濯物を畳むだったりとか、食器を洗うなんていう家事にはこの方法も向いています。

コンテンツを見ながらになるので家事にかかる時間はかかってしまいますが、退屈もしないしCMの時間帯だけおこなうなんてのでもいいと思います。

 

家事の時間をあなたのライブ時間にする

好きな音楽を垂れ流し、時には歌いながら家事をすると家事の退屈さから解放されます。別に私はミュージカルとか特にみないんですが、ああいうイメージですね。

ディズニーの映画とかいきなり歌い出すシーンとかあると思うんですけど、音楽を聞きながら、もしくは歌いながらすると家事をしている時間も突然楽しい時間に変わります。いつでも何処でもライブハウスみたいな感覚。

 

読書時間、スキルアップの時間に変えてしまう

好きな音楽を垂れ流す以外にも、オーディオブック等を用いて家事をする時間を好きな読書時間に変えてしまうという方法もあります。家事をしているだけの時間て生産性がめっちゃ低くて時間を無駄にしてる感がある。なんていう人には特にこの方法がオススメです。

家事をしている間にも有意義なことしてる自分てきてるな、俺きてる、なんて自分に酔うこともできます。これは悪い意味じゃなくて、自分に酔えるということは楽しめているということなので、家事の面倒くささから解放されるのであればどんな方法でもいいと思うんですよ。

 

おわりに

家事って面倒臭いしつまらないし、時間ばっかりとって最悪と思いがちですが、考え方を変えるとそうでもないぞっていうのがちょっとでも読んでくださった方に伝わったらよいなと思います。