【子育て】一歳を過ぎたら積み木がおすすめ。その理由。

子供が一歳を過ぎたら積み木がおすすめ。その理由を我が家の体験談を交え書きました。子供の成長を感じられる積み木遊び、これから一歳を迎えるおよび迎えた御子さんをお持ちの親御さんは是非挑戦してみてください。

 

積み木がおすすめな理由

我が家では積み木を娘の一歳の誕生日に買いました。

最初のうちは私や妻が積み上げた積み木をひたすら崩し、回りに投げつけまくっていた怪獣娘ですが、次第にその積み木を小物入れなどのケースに入れたりして遊び始めました。一歳一カ月か二か月位だったかな、多分。

そして一歳三カ月、進歩は早いもので娘が積み木を丁寧に積んだんですよ。はたから見たらなんだ、積み木積んだだけだろって感じなのですが、最初崩すしかできなかった頃から考えると物凄い進歩してるなと親としてはとても感動してしまいましたね。

しかも一段だけではなく、複数段積み上げていけるようになって。本当感動ですよ。 

また、積み上げる以外にも積み上がった積み木を床に下ろすのもとても丁寧なんですよね。おそらく指先での力加減具合を三カ月程度で発達させたのでしょう。

この効果はきっと積み木で遊ぶ以外にも食事でスプーンを持つことなどにもいい影響を与えていると考えられます。 

他にも、娘が私の指を掴んでどこに連れて行くのかと思ったら積み木のところで、一緒に遊ぼうぜっていうんです。実際そのセリフはしゃべりませんが。いや、本当娘可愛いです。親ばか。

また、買った当初は子供がまだ積めないこともあり、私自身が久しぶりの積み木に熱くなってしまいました。色々パーツにレパートリーがあったりするので童心につい還って色々作品をつくってしまうんですよね。

ただ残念なことに、その作品たちは次々と娘に破壊されてしまいました。

ちなみに購入した積み木はカラー付きの積み木なのですが、カラフルで見た目も楽しいです。

 

おわりに

子供の成長を感じられて、感動を得られる。および子供の発育にもいい影響を与える積み木は本当おすすめなおもちゃの一つです。

ただ注意点としては、サイズによっては子供が飲み込めてしまうものもあると思うので、そのサイズのものを与える際は親の目の離れないところで遊ばせるようにしないといけないですね。